主な活動

■社会・企業・組織の安全に関する調査研究

    ①大規模産業の危険要因、および災害データ収集と分析
    ②医療安全、疲労と人間能力の関係、薬物の人間活動に与える
      影響などについての調査研究
    ③マン・マシンシステムの安全性研究
    ④法令、規則、基準類と安全との関係についての研究
    ⑤危機管理、リスクマネジメントの研究

■インシデントや事故におけるヒューマンファクターの調査方法の研究開発

    ①安全報告制度による事故再発防止の研究
    ②VTA*)、M-SHEL*)などによる要因分析手法と対策の研究

■組織安全のヒューマンファクターに関する教育訓練

    ①役員、管理者、一般作業者への安全に関する教育訓練
    ②安全のヒューマンファクター実務者の養成、指導
    ③CRM*)の応用によるチーム能力向上研修
    ④企業、地域、学校、家庭等における危機管理に関する教育訓練

■安全啓蒙

    ①安全文化の提唱と啓蒙
    ②ヒューマンファクター学の研究およびその普及
    ③安全に関する書籍の企画、出版、並びに研究成果の学会発表、講演等
写真

写真

 

■月例研究会

  当研究所では、内部活動の一つとして、毎月所員による研究成果の発表、その検討のための研究会を開催しております。 本研究会は所外には非公開ですが、その成果の一部は、諸学会、シンポジウム、外部の専門誌、講演等で発表しております。

これまでにとりあげた主なテーマは以下のようなものです。
      「所内研究会における主な発表」

研究会

 

 

補足/注釈

    *)VTA(Variation Tree Analysis)
    人間やシステムの逸脱行動(現象)」が事故やトラブルに繋がると」考え、その経緯を追求して原因分析を行う手法
    *)CRM(Crew Resource Management)
    集団の9能力が、コミュニケーション、状況認識、リーダシップ等により、影響されることを考慮して、 エラーの発生を防ぎ、チームとしての能力を高める管理・訓練手法
    *)TRM(Team Resource Management)
    一般産業や医療に対する管理・訓練手法はCRMとせず、TRMと称する。
    *)BRM(Bridge Resource Management)
    海上業務に対する管理・訓練手法はCRMとせず、BRMと称する。
    *)M-SHEL
    人間の能力や特性が、周辺のソフトウェア(S)、ハードウェア(H)、環境(E)、本人自身の状態(中心のL)、 および他の人間(外側のL)、更には組織のマネジメント(M) に大きく影響されることを考慮したヒューマンファクターの基本的モデル